上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第99回国家試験11~20解答

11、2番です。

腓骨は、下腿の後ろ外側にあります。
橈骨は、前腕の外側(母指側)にあります。
脛骨は、下腿の前内側にあります。
尺骨は、前腕の内側(小指側)にあります。

12、2番です。

死の三徴候とは、心臓の停止、自発呼吸の停止、瞳孔散大と対光反射の消失の3つをいいます。

13、3番です。

チアノーゼとは、皮膚や粘膜が青紫色にみえる状態をいいます。血液中の酸素濃度が低下した時にこの症状がみられます。
還元ヘモグロビンが5g/dl以上でチアノーゼがでると言われています。

動脈血酸素分圧とは、血漿成分に溶け込んだ酸素の濃度をあらわします。この濃度が下がると低酸素血症になります。
酸化ヘモグロビンとは、還元ヘモグロビンが酸素と結合したものが酸化ヘモグロビンになります。
動脈血酸素飽和度とは、動脈血にある酸化ヘモグロビンの割合をあらわします。この濃度が下がるとチアノーゼがあらわれます。

14、2番です。

ジギタリスとは、心不全の時等に使用する薬です。心収縮力を増強させます。副作用として、悪心、嘔吐、下痢、不整脈、頭痛などがあります。

難聴は抗結核薬、易感染は免疫抑制剤や抗がん剤等、満月様顔貌はステロイド(副腎皮質ホルモン)の使用による副作用です。

15、3番です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満、脂質代謝異常、高血圧、空腹時高血糖のうち2つを満たす場合にいわれます。ちなみに内臓脂肪の蓄積はウエスト径で判定し、男性85cm以上、女性90cm以上を基準として判断しています。

16、2番です。

ネグレクトとは、養育(育児)放棄のことで子供に食事を与えなかったり泣いてもかまわないなどの虐待を言います。ネグレクトにより精神的な発達が阻害されると言われています。

17、3番です。

高濃度カリウム製剤の静脈注射は心停止を起こします。必ず輸液などで希釈して使用しましょう。

18、4番です。

Open-ended questionとは、はい、いいえでは答えられない質問(会話が発展しやすいように質問する方法です)選択肢ではい、いいえで答えられないものは4なのでこれが正解になります。

19、1番です。

外転は四肢が体から離れる運動をいい、内転は四肢が体に近づく運動をいいます。正中線からとは違うので間違わないでください。

20、3番です。

これはストーマの写真だとすぐわかると思います。人工肛門は消化管排出孔を腹部につくってそこから内容物を排出する方法です。この排出口のことをストーマといいます。

その他の選択肢も写真で出たりとするので確認するとよいかもしれません。とくに褥瘡は深度などを聞かれる問題もあるので確認してみてください。

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

第99回国家試験1~10解答

1、4番です。

肺炎は、第4位である。心疾患は、第2位である。脳血管疾患は、第3位である。悪性新生物が第1位です。
詳しくは厚生労働省のホームページにあります。今年度も確認しておいてください。

2、2番です。

ストレス下で分泌されるホルモンはアドレナリンとコルチゾールがあります。
なので2が正解となります。

カルシトニンは甲状腺で産生されカルシウムなどの骨への沈着や血中カルシウム濃度を下げる役割があります。

アドレナリンには、副腎髄質から分泌され、血管収縮や心拍数増加、瞳孔散大、気管支拡張、血圧上昇などの役割があります。

パソプレシンは、下垂体後葉から分泌され血管を収縮させる効果や腎臓に働き尿量や尿の浸透圧を調節し抗利尿作用があります。

エリスロポエチンは、腎臓で産生され赤血球産生を調節する作用があります。

3、4番です。

国民健康保険の自己負担額は3割負担となっています。
ただし、小学校就学前の乳幼児は2割、70歳以上では1割負担となります。

4、1番です。

他の3つの選択肢は特殊な職業に多いですが、1番はどの職業でも起こります。

災害性腰痛は業務上疾病の62%になります。病原体による疾病は2.3%、化学物質による疾病は2.5%、塵肺及び塵肺合併症は6.6%となっています。

これも厚生労働省にあります。

5、1番です。

アドボカシーとは、権利の代弁、権利擁護などをさします。

リビングウィルとは、生前の意思という意味です。自分の死期が近いとき治療方針を事前に書面に示す事です。

パターナリズムとは、昔の医療の考え方で患者は医師に全てゆだねればよいという考え方で。医師と患者に支配関係があるという考え方です。

コンプライアンスとは、患者が処方どおりに服薬していることを言います。

6、3番です。

性染色体はX、Yの2種類でできており、組み合わせでXYなら男、XXなら女性となります。

7、2番です。

IgG抗体とは母親から胎盤を通過し児の中にあった免疫です。
生後3~6ヶ月頃に最低となり、その後自分で抗体を生成するので濃度が徐々に上昇していきます。

8、4番です。

スプーンを持つのは5ヶ月頃からです。またスキップができるのは5歳頃からです。自分の名前が言えるのが3歳頃です。

9、2番です。

65歳以上の者がいる世帯は41.2%でそのうち20%程度が単独世帯です。

10、1番です。

介護保険法の申請は市町村に行います。なお更新も同様です。

申請後は、介護認定審査会の判定により要介護が決定します。

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

Author:NSイブ
看護師取得から数年の看護師です。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
広告
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。